骨盤へのこだわり


骨盤は寛骨と仙骨からなり、機能は大きく分けて二つあります。

 

一つは、背骨と下肢骨をつなげ体幹の骨格を構成すること、もう一つは、腹部臓器(内臓)を支えながら容器として包み込むことです。

 

ですので、骨盤が歪むということは姿勢全体の崩れはもちろん、内臓の捻れにもつながります。

 

内臓が捻れて、働きが悪くなる弊害は計り知れないです。

 

例としては、便秘、下痢、頻尿、生理痛、婦人科系の不調、内臓下垂などがおこりやすくなります。

 

更に、骨盤には下肢からの衝撃を和らげるクッションの働きもあり、歩行動作にも大きく影響してきます。

 

骨盤が歪み動かなくなった為に、膝関節や股関節に負担がかかり二次的に痛めてしまっている人もかなり多いのです。

 

 

貴院の骨盤調整は、骨盤だけをみるのでなく脊椎や下肢など、全体バランスをみながらソフトに調整していきます